真光寺と申します。兵庫県豊岡市のほぼ中心に位置する小さな仏教寺院です。元亀2年開創、門信徒軒数80弱、法務としては月平均3.5回ほどのご法事と年平均6回ほどのご葬儀を執り行うほか、年に数回、報恩講などの法要を行うのみのささやかな活動をして参りました。しかしこのたび役員会にて、寺として地域の精神的支柱となるべく、さまざまな文化的活動・催しなどを積極的に開催していこうと議決し、できることを模索中です。

 例えば、定例イベント「写経と茶話の会」をはじめました。告知はもっぱらFacebookで行っています。写経は心に意図的な空白を作りますが、われわれ凡人にはその空白を完全なものにして“無の境地”に達することなど、たいへん難しい。むしろ空白を埋めようと次から次へ湧き起こる雑念をそのまま肯定し、雑念を見つめることの中にこそ日々を生きるヒントがあると考えています。

 その意味では写経よりも茶話のほうの比重が大きいイベントです。初対面のもの同士が集まり、それなりに気を遣いつつ、ふだんの自分とは少し違った言葉でしゃべることで、新たな自分、新たな世界を発見していく場になればいいなと思って始めました。われわれは一つの仕事をしていると仕事以外の交流の場がどんどんなくなり、ものの考え方も限られてくる。それを打破する一番の近道は異業種交流だと思います。ふつうに生活していたら出逢わない人たちがひょっと出逢ってしまう場として、ぜひお寺を活用してみてください。

 そのほか、情報共有の場として、またコミュニティスペースとして、人と人との交流による新たな価値の創造と発見に努めていく所存です。まだまだ手探りの段階ですが、以後お見知りおきください。また何かあればお気軽にご連絡ください。

TOP