一、創立

 当寺は元亀2年(1571年)恵戒により創立された。『豊岡誌』には弘長元年(1261年)の創立とあり、『豊岡市史』には江戸時代の開創とあるが、ここでは代々伝えられているところに従う。

二、改宗・移転

 当寺は真言宗の寺院として創建され、のち教義を真宗に改めた。もと福田村(豊岡市福田)にあったと伝えられている。江戸時代に徳證寺、乘福寺、西楽寺と同様に光行寺の境内へ移転し、四坊と呼ばれた。大正2年に現在の地(泉町)へ移転した。

三、現地移転の詳細

 光行寺境内にあった頃より建物の老朽化が深刻な問題とされ、数世代にわたって改築の必要が痛感されていたが、そこへ至る道は平坦ではなかった。嘉永3年9月3日の大洪水により、本堂建立のために調達した木材は全て流失。やむなく四尺余り盛り土して地揚げし、一時しのぎの場をつくったが、床下がわずか二尺しかなかったため、湿気のために柱根は腐朽し、建物は東西に傾斜した。鉄のつっかえ棒をかますことで辛うじて倒壊を防いでいたのである。
 大正2年(1913年)4月28日、「現境内地ハ同宗派寺院五ヶ寺有之布教上等一ヶ寺ノ体面ヲ保持スルコト不可能ノ場合モ往々出来仕仍テ住職ハ勿論檀徒一同常ニ寺地移転ノ必要ヲ感ジ」として、以下の名前で兵庫県知事へ寺地移転願を提出した。

住職 金川秀圓
檀徒総代 中貝重左衛門、中貝宗平、川岸芳三郎、岩本勇三郎、森垣金造、森垣源之助
法類惣代 藤本義雄、立川照俊

 同年11月13日、旧本堂を解体しはじめ、12月13日、新築に着手した。大工棟梁は鳥井市太郎。移転先の土地はもと水田で、渡辺千代吉所有の一段七畝をその娘である坊守しげ名義で寺地に提供した。一丈一尺盛り土し、門信徒総出で日夜奉仕したもようである。
 大正3年(1914年)3月20日、仮入仏ならびに寺族一同移転。その後も大門、鐘楼、仏具等を次々と整備し、大正7年(1918年)4月13日から同16日まで、宗祖大師650回大遠忌ならびに本堂等落慶入仏遷座法要を厳修。満場の参詣者により立錐の余地もなく、晴天にも恵まれ、大成功を収めた。なかんずく13日には小田井レンガ場にて鋳造された新しい梵鐘を当寺まで、門信徒一同よろこびのかけ声とともに盛大に鐘ひきし、14日の遷座式では、川岸芳三郎宅に仮安置されていた御本尊を、皆で当寺まで行列して遷した。

四、北但大震災に遭遇

 大正14年(1925年)5月23日午前11時11分、兵庫県北部・円山川河口付近を震源地として、マグニチュード6.8の大地震が発生し、北但馬地方を中心とする地域に甚大な被害をもたらした。旧豊岡町(現在の豊岡市街地付近)では総戸数2,178戸に対して1,398戸、実に64.2%が全半壊または焼失した。当真光寺も、目撃者の言に拠れば、周辺の猛火の熱によって本堂の棟付近から燃えはじめ、全焼した。寺檀一丸となって念願の寺地移転の大事業を成し遂げたわずか7年後のことであった。

五、復興

(つづく)

TOP